カントン包茎を治療する必要性はある?治療タイミングや方法を解説

包茎は、男性にとってデリケートな問題です。

一言で包茎といってもいくつもの種類があり、治療の必要のない物や治療の必要な物があり、治療する場合、すぐにでも治療するべきものや、時期を待って治療するものなど様々です。

包茎には3種類あり、包皮の口が細く亀頭が全く露出できない真性包茎と、皮を被ってはいるが、手などを使えば簡単に亀頭を露出できる仮性包茎、また包皮の入り口が狭く勃起時に亀頭の根元の部分が締め付けられるカントン包茎に分類されます。

包茎の問題点は、見た目のコンプレックスだけでなく、匂いや汚れが溜まりやすく不衛生な状態になりやすい事や早漏の原因になるなど様々な点があげられます。

カントン包茎は治療するべきか

包茎はほとんどの場合に自然治癒は難しいと言われています。
男性の成長は18歳~20歳で止まってしまう為、18歳で自然に皮がむけていない場合は、それ以降も自然に皮がむける事は難しいと言えます。

仮性包茎の場合は自分で皮をむく事が出来ますし、性交渉も普通通りに行えるので、必ずしも治療する必要性はありませんが、正常なペニスの発育が阻害されたり、亀頭炎や包皮炎といった弊害のリスクは高まります。
免疫力が落ちると感染症を引き起こす事もあり、炎症を起こすとなかなか治りにくいと言った問題点もあります。

真正包茎の場合は、亀頭にかぶさっている包皮の口が狭いため通常時にも勃起時にも亀頭を露出させる事が出来ず、性行為は非常に困難な状態です。
さらに、真性包茎では包皮の内側を洗う事が出来ない為、最近などによる感染症や衛生面での問題もあり、真性包茎は危険な包茎なため、早急に治療する必要性があります。

カントン包茎の場合は、通常時なら簡単に皮をむく事が出来ますが、勃起時に皮をむこうとすると亀頭の根元が締め付けられ痛みを伴います。
放置していると包皮が元に戻らなくなり、腫れてしまう事もあり、なるべく早く治療する必要性があります。

包茎は何歳頃に治療するのがいいのか

では、包茎は何歳頃に治療するのがいいのか。
という事ですが、包茎治療は早くにした方が良いという意見もありますが、新生児の場合は例外です。

新生児の包茎は正常であり、成長する内に少しづつ包皮はむけてくるものです。

新生児や乳幼児期に無理に皮をむこうとすると、かえって皮が元に戻らずカントン包茎になってしまう場合があります。

また、成人になるまで様子をみた方が良いという意見もありますが、真性包茎やカントン包茎の場合は痛みを伴う事や、更には感染症のリスクがありますので、早急な治療の必要性があります。

幼年期の包茎は将来自然に治る可能性がありますが、成人前の包茎に関しては、一度クリニックを受診して、治療など今後の対策を考える事が望ましいでしょう。

成人の包茎については、コンプレックスから女性とのトラブルやEDに発展する事がありますので、出来るだけ早くクリニックに相談すると良いでしょう。

最後に、高齢者の場合ですが、最近は介護の時に見られるのが恥ずかしいという理由などから、高齢者の包茎治療が増えてきています。

包茎は何歳になっても男性にとっては大きなコンプレックスとなっていますから、必要と感じたらクリニックに相談に行くと良いでしょう。

包茎治療はどこに相談すればいいのか

まずは病院です。
主に泌尿器科になります。

病院では、包茎の治療はもちろん感染症や性病など様々な治療をする事が可能です。
もちろん包茎手術も可能ですが、一般的には環状切開法による手術のみを行います。
環状切開法とは、亀頭を覆っている包皮を切開し包皮を取り除き、切開部位を縫合する手術の方法です。
環状切開法は保険適用内の手術方法の為、手術費用を安く抑える事が出来る所はメリットと言えます。
しかし環状切開法にはデメリットがあり、術後に傷跡がしっかり残ってしまうというリスクがあります。

また病院では、保険適用の関係により仮性包茎の手術は行わない病院もあります。

もう一つは、包茎治療専門のクリニックです。
包茎手術専門のクリニックでは、男性期の大きさや包茎の種類は人それぞれ違いに合わせて、専門の知識と技術を持った医師が様々な包茎治療などを行います。
病院に比べて、専門性では豊富な知識と経験があると言えます。

また、クリニックでは無料のカウンセリングをしている所が多く、治療や手術が必要なのかどうか、または、傷跡が目立たないようにして欲しいなどを相談する事も出来るので安心して治療を受ける事ができますが、保険適用外の治療や手術などもあり、費用が高額になる事もあります。

まとめ

カントン包茎は厄介な包茎で、そのままにしておいても自然に良くなる事はありません。
それどころか、包皮が元に戻らなくなり、リンパ浮腫をきたし水腫れのように腫れてしまい重症化するという危険な包茎なので、出来るだけ早くに治療する必要があります。

しかし包茎というと「恥ずかしい」と言った事からなかなか治療に踏み出せず、多くの男性が悩んでいる現状です。

カントン包茎は真正包茎や仮性包茎と比べると重い症状で、放っておくと悪臭や炎症を引き起こす可能性があります。
症状に気付いたらすぐに病院かクリニックに相談に行き、治療を受ける事が望ましいでしょう。

PRサイト
カントン包茎を治療しようか悩んでいるならこちらを確認
カントン包茎治療の必要性を解説!どこのクリニックで治療がおススメかもわかる!