煙突工事は商工会議所の役割が明確になってから行われることになった

煙突工事をすることになっていたのですが、
煙突工事は商工会議所の役割が明確になってから行われることになりました。
商工会議所の役割が不明瞭なまま進んでしまうと、
この先にトラブルがおきた場合には誰が責任を取るのかがわからなくなってしまうからです。
まずは、商工会の役割をきちんと決めて、煙突工事に進んでいきます。
そして、業者の協力を得ながら最適な煙突にしていきます。
この作業はみんなのためになるものなので、きっと喜んでくれると考えています。
この苦労がいつか報われる日が来ることを祈っています。
そして、助けてくれる仲間にはいつも感謝しっぱなしです。
いつの日か、大きな恩返しができることを夢見て頑張っていきたいです。

This entry was posted in 帳簿. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です